大手家電量販店が電子棚札(ESL)を全国の数百店舗に導入した「3つの理由」

大手家電量販店が「電子棚札(ESL)」を全国数百店舗に導入!

大手家電量販店の店舗といえば、電化製品に限らず、日用品や食品、スポーツ用品、おもちゃ、お酒など多種多様な商品を販売しており、店舗によってはSKUが数万点以上になることもあります。

大手家電量販店は1店舗で販売されている品数が多いだけでなく、日本全国及び海外に多店舗展開をしており、本社から世界中の店舗をマネジメントしなければなりません。

そこで、多くの家電量販店では業務効率化の観点から、「電子棚札(ESL)」というインターネットに接続できる「デジタル式の値札」を導入し、値札の張り替え作業の自動化を進めています。

今回の記事では大手家電量販店が「電子棚札(ESL)」を導入した理由や電子棚札(ESL)の特徴について詳しく解説します。

電子棚札(ESL)の導入を検討している方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

家電量販店のDX推進に必要不可欠な「電子棚札(ESL)」とは?

多くの家電量販店では電子棚札(ESL)の導入が急速に進められており、その業務効率化の効果が実証されています。

こちらの項目では、まず「電子棚札(ESL)」の特徴や効果について詳しく解説します。

電子棚札(ESL、電子値札、電子タグ、デジタル値札)とは?

電子棚札(ESL)は紙の値札に変わるツールとして使われている「デジタル式の小さな表示装置」です。

このデジタル式の値札の正式名称は「電子棚札」または「ESL(Electronic Shelf Label)」ですが、一般的には「デジタル値札」「電子棚札」「電子値札」「電子タグ」など様々な呼ばれ方をされています。

電子棚札(ESL)の仕組み

電子棚札(ESL)の使い方は簡単で、店舗の陳列棚に電子棚札(ESL)を設置します。そして、パソコン上で各商品の値段を管理しているシステムから、店頭に設置しているアクセスポイントまでLANケーブルで繋ぎ、アクセスポイントから飛ばしているWi-FiやBluetoothにより店舗に設置している電子棚札(ESL)に価格情報を送ることで、価格の変更を行います。

電子棚札(ESL)の特徴

電子棚札(ESL)の1番の特徴は、手作業で値札を張り替える作業をやめて、パソコン操作で全ての値札を一斉に変えられることです。

電子棚札(ESL)に表示できるのは、価格だけではなく、QRコードやキャンペーン情報など自由自在です。この特徴から値札として使われるだけでなく、在庫管理ツールや広告媒体としても活用されています。

電子棚札(ESL)の効果

値札の張り替え作業を自動化することで、手作業で張り替える時に起こりうる張り替え忘れや間違いなどのヒューマンエラーを回避できます。

大手家電量販店では1日に何度も値段を張り替えることもあるので、毎回手作業で行っていては、ミスが起こる可能性も高まります。ミスが起こり、レジ精算時に店頭価格と違うということになれば、お客様へ不信感を抱かせてしまう恐れがあります。

また、本部から通達された価格変更の指示をタイムリーに実行できなかった場合は、その価格差で他店にお客様が流れてしまう可能性もあります。

電子棚札(ESL)は業務効率化による働き方改革だけでなく、顧客満足度や売り上げの向上にも繋がる効果があるのです。

>> 【無料相談】電子棚札(ESL)についてのお問い合わせはこちら

「電子棚札(ESL)」を全国の店舗に導入した背景

大手家電量販店が全国の店舗に電子棚札(ESL)を導入した背景には、技術革新や社会変化に伴う「お客様のニーズの変化」に対応するためと言われています。

ここでは大手家電量販店が電子棚札(ESL)を導入した背景を解説します。

背景1:家電購入のECシフト

スマートフォンが普及したことにより、どの業界でもオンラインでの購入が急速に増えています。ユーザーが電化製品を購入する際にも、家電量販店の店頭で気になる商品を見つけたら、スマートフォンですぐに競合他社の価格を検索して比較する方が増えています。

このようにユーザーが常に競合他社の値段とすぐに比較するようになったため、家電量販店も本部で決定した価格変更の指示を瞬時に売り場に反映させられる「電子棚札(ESL)」が必要不可欠なのです。

背景2:日本における人口の都市部への一極集中

日本では年々都市部に人口が一極集中しているという背景があり、都市部のユーザーの多くは重くて大きい電化製品は持ち帰ることが困難なケースが増えています。そこで、ユーザーは店頭で商品を探し、ECサイトで購入するという流れが増えているのです。

このような背景があり、どの家電量販店もECサイトでの販売にも力を入れています。リアル店舗とECサイトをセットにした販売戦略を取っているので、両方の値段はリアルタイムで一致している必要があり、どの家電量販店も電子棚札(ESL)の導入が進んでいるのです。

背景3:Amazonの価格改定の頻度

ユーザーの消費行動の中心にAmazonが参入して来てからは、どの業界もAmazonでの販売価格と常に比較されるようになりました。家電量販店の競合は他の家電量販店だけでなく、Amazonも競合の筆頭として挙げられるのです。

このAmazonでは1日に何度も価格変更が行われているので、家電量販店もそれに追随して1日に2〜3回ほど価格を変更する必要があります。

Amazonに対応した価格競争を勝ち抜くために、電子棚札(ESL)の導入が増えているのです。

電子棚札(ESL)を全国の数百店舗に導入した「3つの理由」

大手家電量販店が電子棚札(ESL)を一斉に導入し始めた理由は、大きく3つあると言われています。電子棚札(ESL)を活用したマーケティング戦略とも言えるので、今後、電子棚札(ESL)の導入を検討している方には、特に知っていただきたい内容です。

理由1:本部の方針を全店舗に瞬時に反映

複数の小売業店舗を運営している企業は、本部で価格決定を行い、各店舗に価格設定の指示を出していることが一般的です。

本部で立てられた戦略をよりタイムリーに現場に落とし込み、また現場からの数値や結果をスピーディーに本部に吸い上げることで、より良いマーケティング戦略を実施することができます。

本部と各店舗の連携や情報共有を素早く行うためには、電子棚札(ESL)のようなデジタルツールの活用を進める必要があります。

理由2:競合に対抗し瞬時に商品価格を変更

どの家電量販店でも扱う商品は「電化製品」が中心で、他の家電量販店との「商品の品質」での差別化は困難です。そこで、大手家電量販店各社は競合他社の販売価格と比較し、適切な価格へと1日に何度も値段を変更しています。

この作業を以前は値段を変更する度に、紙で出力しハサミでカット、そしてスタッフが手作業で張り替えていました。家電量販店の大型店舗では数万点以上の商品があるため、この「値札の張り替え作業」だけでも多くの手間がかかっていました。

そこで、競合の店舗に遅れを取らないために、価格の張り替え作業を瞬時に行える電子棚札(ESL)が選ばれているのです。

理由3:ECサイトとリアル店舗の価格連動

冒頭でも触れましたが、ECサイトに力を入れている家電量販店にとっては、リアル店舗との価格に差があると他店にお客様が流れる原因になりかねません。

ECサイトの価格変更はパソコン操作で瞬時に行えますが、従来の紙の値札であれば、変更後の価格を反映させるのに時間がかかります。

どの店舗も色々な業務を同時進行で進めているため、価格変更を最優先ですぐに着手できるとは限りません。現場の従業員に無理をさせることなく、本部で決定したECサイトの価格をリアル店舗に反映させるために、電子棚札(ESL)が活用されています。

大手家電量販店が「電子棚札(ESL)」を導入して得た効果

大手家電量販店では2020年には多くの店舗に電子棚札(ESL)が導入されている、その効果がすでに表れています。

値札の張り替え作業を自動化することで、今まで手薄になっていた接客業務に割ける時間が増やせたり、値札の変え忘れによるお客様へ不信感を抱かせてしまうことも減られたと報告されています。

また、実際に多くの店舗に電子棚札(ESL)を導入してみると、現場からは一般的な値札としての使い方だけでなく、色々な使い方のアイディアが挙げられているようです。

今後も家電量販店の電子棚札(ESL)による業務効率化の事例は増えていきそうです。

「電子棚札(ESL)」を導入して売上UPを狙いましょう!

今回の記事では、大手家電量販店で電子棚札(ESL)の導入が急速に増えている背景や理由を解説しました。値札の張り替え作業を自動化することで、顧客満足度や売り上げに直結する重要な戦略ということがわかりました。

どの小売企業でも色々な切り口でDX化が進められていますが、単にECサイトでの販売をしたり、セルフレジを導入するだけでなく、電子棚札(ESL)のように細かなツールを活用することで、単なるデジタル化ではなく、顧客満足度や売り上げの向上や競合店舗にはない高い付加価値をつけることに繋がっています。

今回は大手家電量販店の事例をご紹介しましたが、個人経営の小売店舗でも電子棚札(ESL)を導入した店舗改革の事例は増えています。

電子棚札(ESL)を全国数百店舗の家電量販店に納品した実績がある「GRトレード」は、気軽に試しやすい小ロットでのレンタルプランも実施しています。

今後、電子棚札(ESL)の導入を検討されている方は、店舗の規模に関わらずまずはお気軽にお問い合わせください。

>> 【無料相談】電子棚札(ESL)についてのお問い合わせはこちら

電子棚札レンタルプランのご案内

※レンタルプラン在庫には限りがございますので、無くなり次第終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。