電子棚札(ESL)はどの小売店に合っている?4

こんにちはー!!加藤です!

今日は前回の終わりにお伝えしました、合羽橋道具街のお話です。

 

それぞれの店舗でのお話しはかなり割愛させていただきますが、値札を使われているお店をピックアップして伺わせていただきましたが、ご意見はと言うと・・・

 

「あれば便利だと思うけど、現状(人の手で)回っているので必要としない。」

であったり

「そもそも眼中にない!」

「そんなに値段が変わらないしね~。」

「SKU数が多くないので手作業で問題ないのですよー。」であったり

「システムを入れて面倒になりたくない。」

「(電子棚札にあてられる)お金がない。」

「そんな人(ITに強い人)がいない。」などなど大体そのような答え。

 

分かります。分かりますよ。

現状を変えてまで導入する必要がないという事ですね。電子棚札を導入しなくても問題ないからです。

そのようなお店も客観的に見て多々ありましたが、そうでもないお店もありました。

今値札の差し替えで困っていないため面倒な事したくないのは本本心ですが

それも最もですが・・

今までお伺いしたお店が偏っておりますが、取材させていただいた結果です。

今日も取材で、すでにおっさんは足がふらふらです。

まだ頑張るためにも昼飯で~す。

すでに14:00回っていました。腹減ったー。全然だめだし、辛いです。

よっしゃー食べたらまた歩けますねー。ガンバ!

 

次は気になっていた刃物店さんです。

店内の内装すべて黒で統一されたカッコいいお店です!

奥のカウンター内に店員さんが見えたので、コンニチハーと言いながらずかずかと入っていきました。女性の店員さんが、何ですか?という感じでした(笑)。

自己紹介をし、すかさず用件を伝え電子棚札のサンプルをお見せしたところ、かなり気に入っていただいたようで、

「これいいですねー。使ってみたい」

と言ってくださいました。簡単な説明のみでしたが・・

なんとその方は店長さんだったのです。

「社長に今私に説明したような感じでプレゼンしてください!」と言われまして、考える間もなく同じような話を社長にお伝えしました。

うまく伝えられた自信なんかはありませんが、もう過ぎたことです。

再度お話するチャンスがあればまた丁寧に話をしたいなと。

その日は店長さんと少しお話しをして失礼いたしました。

 

他の刃物店さんにもお話しを伺いました。

しかし、先のそのお店は包丁自体に値札を首掛け仕様でかけており、その仕様しか今は考えていないとの事でした。

GRトレードでは首掛けタイプの電子棚札があります。そのため

 

会社に戻り今日1日お伺いさせていただいた店舗の実情と、電子棚札(ESL)に対してどのような印象をお持ちなのか、何が現状ネックであったのかについて共有しました。

 

私の考えるGRトレードの良さは、現場から上がった声をいち早く課題ととらえ、その課題を解決する製品を実現することができる会社であるというところだと思います。

 

私なりに今回のできごとをまとめてみます。

電子棚札の性能自体は他社も含め、さほど大きな差はないと思います。

それよりも色々な小売店さんが色々な売場で値札を使用している、その売場にあった電子棚札の提案が求められていると感じました。

皆様に合った電子棚札をお作りいたします!!

そのためにも小売店様、GRトレードの電子棚札(ESL)を使ってみてください。

GRトレードでは電子棚札を1枚から始められるレンタルプランがございます。

この機会にお試しください!

電子棚札レンタルプランのご案内

 

今回はこれで終わりにさせていただきます。

またまた今回もお付き合いいただき?有難うございました。

次回は刃物店様のお話の続きをしたいと思います!

Have a good day加藤でしたー。