電子棚札(ESL)はどの小売店に合っている?2

こんにちは!

皆さんお元気ですか~!!カトウです♪

今日は前回の続きを書かせて頂きますので、どうぞお付き合いの程宜しくお願いします。

前回からこだわりの酒店さんにスポットを当て、お伺いしておりますので、当分セレクトの酒店さんのお話が続きます。

どうぞご勘弁の程宜しくお願い致します!!

 

12/9

横浜某酒店様

 

結構広々としている店内です。日本酒売場に行くと私の思い出の日本酒(長野)のお酒が置いてありました。

懐かしいのと、またあの山行を思い出したく、思わず衝動買いです。(笑)

これも作戦の一つです? あまりに声をかけづらい店の雰囲気ダ~。

しかし、こちらで手の入りづらいお酒もゲットできましたので気持ち切り替えです!!

お客さんもまばらでレジの男性のところに行きお酒を精算。終わったタイミングでところで怪しいものではございませんとお話をし、本日は店長お休みとの事。

ESLに関しては難しいのではとの印象。資料お渡しし、退散です。

 

→店員さんの意見は『あったら便利ですね!』、との意見は尊重しつつ、決定権は違うので再度スタートからです。このような反応のお店が半数位の感じですか! これじゃ50点。この点数付けも私の主観なのでそろそろ辞めます~(笑)

 

12/16

川崎 某酒販店(チェーン店)

 

人通りの多いお店です。そりゃそうです。エキナカだもの(笑)

店の前を何度か行ったり、来たり。やっぱり怪しい奴ですね。

タイミングを何度か図り、いざ店長呼び出しです。店の中に入ると速攻です!

いらっしゃいました。〇〇店長さん。

お忙しいのにしっかりと話しを聞いていただき、有り難き幸せ!です。

値段変更も頻繁にあるとの事で、店長曰く現場は『あると便利だし、楽になるだろう』とのお話。

店舗小さめで1000sku以下程度。

でも現状経費プラスが厳しいのではとの印象、店長より上司に伝え検討してもらい、年明け店長宛てに連絡し結論を確認することになりました! 他店にもありましたね、年明け結論待ちが。

 

→検討していただく所まで行かなければ、可能性もないので70点!えっ点数評価は辞めるんじゃなかったか?主観でも、自身の中で優先順位をつけるためにもまっいっか(笑)

 

 

川崎 某酒店(単店)

 

店主不在。女性店員に説明。資料を渡し、年明け店主あて連絡。

1000SKUない。

 

→年明けの確認がやたら多い。仕方ないけど、逆に考えるとNOの回答が少ない。

これって想定外ですから。まだ可能性がありってことで。50点! 前向きに考えましょう!

 

川崎 某酒店

 

店主さんが電話で商談中の間、店内を見させていただきました。

この店舗では値札も使用しておらず、ボトル自体に小さなシールで金額を貼付しております。

かなりアナログな仕組みでやられております・・これには何か事情があるはず。

それを聞くだけでも勉強になる!とすでに断られる可能性が高いと想像している自分に張り手をし、電話商談が終わった店主さんにお声がけをしました。

ご多忙なので手短に帰されるかと思いきや、話しをしっかりと聞いていただき、ゆっくりとキャッチボールも出来ました。

値札を付けない理由は、店内すべての棚に共通する陳列方法にありました。

棚のスペースに複数の商品を混在させて置いているためです。

分かりやすくお話しますと、前列の商品の後ろにある商品はまた違う商品、

その後ろも違う商品が並んでいるため棚に値札を付けられないとの事。

いわゆるスペースに対してSKUが多く、商品のダブリがない為ボトル自体に各々プライスシールを

貼っている運用です。

何軒かお伺いしましたが、このような運用のお店は初めてでした。

なるほど!こだわりのセレクト酒店さんはこのようなお店はきっとまだまだあるのだろうな~

と、勉強です。

現在の運用方法をお聞きし、今後プライスシールからJANコードシールに変え、レジでJANを読めば会計できるようにするとの事です。(POSメーカーさんに依頼済)

現状は、お客様のお買い上げ商品をレジ担当者がレジ画面に登録してあるお買い上げ商品を即座に探して

会計しているとの事。思わず店主さんに『レジ担当の方はスーパーマン!!ですね~』と言ってしまいました。

熟練されてないと務まりませんよね! 私じゃ無理です~。

店主様その節はご丁寧にお話を聞かせていただき有難うございました!!と頭を下げながら

このお話を乱打しております。

 

→素晴らしい店主さんだったので、自分の仕事は棚に上げウーン何点だ~何点だ~!

70点!! なんでやねん(笑)

 

このお店のお話が少し長くなりましたが、

私の回想はまだまだ続きます。

本日はここまでにしたいと思います。

乱筆、乱文、お許しくださいませ。

最後まで?! お付き合いいただき、誠にありがとうございます。

 

電子棚札レンタルプランのご案内