スーパーマーケットがDXを推進する方法とは?店舗DXの鍵となる「デジタル値札」についても解説

小売店のDX化の一歩として「デジタル値札」が注目されています!

業務効率化や働き方改革に有効な手段として「DX化」に注目が集まっています。様々な業種でDX推進に取り組まれていますが、スーパーマーケットにもDX推進が求められています。

大手スーパーでは感染症を考慮してセルフレジの導入が進められていますが、その次のDX化の手段として注目が集まっている「デジタル値札」というツールをご存知でしょうか?

日本の小売店はまだあまり導入されていないデジタル値札ですが、導入することで様々な効果が期待できます。

そこで今回はスーパーマーケットを始めとした小売店のDX推進の方法やその解決策となるデジタル値札について詳しく解説します。

店舗のDXを進めたい、デジタル値札について詳しく知りたいという方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

DXとは?デジタル化との違い

DX(ディーエックス)とは、Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)の略語です。Transformationには「変容」という意味があり、DXはデジタル技術を使って生活やビジネスを変容させることを意味しています。

少し前に注目されていたIT化やデジタル化と、DX化を混同している方も多いですが、その違いは大きく、無計画に今の業務をデジタル化しても、逆に手間が増えるというケースも見られます。

DX化についての明確な定義はありませんが、経済産業省が発表した「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」を参照すると、以下のような意味になります。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

つまり、単純に今の業務を「IT化・デジタル化」することではなく、顧客や社会のニーズを満たしつつ、自社の収益向上につなげる取り組みを「DX」と言います。

店舗をDX化することで解決できる課題

スーパーを始めとした小売業の多くはシフト制で勤務形態も様々です。立ち仕事が多いということもあり、パートやアルバイト、正社員を問わず採用が難しく、慢性的な人手不足な業界だと言われています。

さらに近年はECサイトでの購買も急速に増えています。店舗とECサイトの連動など新たな業務も発生しており、小売業界が解決すべき課題は多様化しています。

そこで、こちらの項目では小売業の店舗がDXを推進することで解決できる課題について解説します。

課題1:人手不足の解消

小売業の1番の課題は慢性的な「人手不足」です。ほとんどの店舗が人手不足に悩んでおり、ギリギリの人員で現場を回しているのが現状でしょう。

DX化を推進することで、今まで人が行っていたレジや在庫管理の業務をロボットに置き換え、その空いた時間で人間にしかできない接客や企画の業務に時間を使えるようになります。

人が行わなければならない業務が減ることで、一人ひとりにかかる負担も軽減でき、休みやすい環境を整備することにも繋がります。

このような環境であれば、小売業で働きたいという求人者も増えるのではないでしょうか?

課題2:販売の効率化

冒頭でも解説しましたが、DXは今の業務を単にデジタルに置き換えるだけでなく、デジタル技術により業務の効率化を図ることで、売上や企業価値の向上に繋げなければなりません。

そのために有効な手段として、店舗にAIを搭載したカメラを設置して、お客様の流れを分析し、「どの時間帯に、どの棚の、どの商品が」売れているかをデータ化する技術があります。

このような流れが把握できれば、最も商品が売れる時間帯と場所に商品を並べることで、店舗の売上向上に繋がります。

課題3:在庫管理の効率化

小売業の中でも特にスーパーでは売り場やバックヤードの商品の数を数える「棚卸し」という業務が必ず行われます。棚卸しは人の目で在庫の数を一つずつ数えていくので、どうしてもミスは発生しますし、手間と時間がかかる作業の筆頭として挙げられます。

ここにも「在庫管理システム」を導入して、どの商品がいついくらで売れたかを記録・集計するPOSシステムと連動させて、パソコンやスマホで在庫を管理できるようにします。

棚卸しは多い店舗で毎月1回、少なくとも年に1回はどの店舗もスタッフ総出で実施するので、この棚卸しを効率化できるとかなりの人件費の削減に繋がります。

課題4:フードロスの削減

スーパーが抱える社会課題として早急に解決しなければならないのが「フードロスの削減」です。多くのスーパーでは賞味期限の切れた食品が日々大量に捨てられています。

この課題を解決するために大手スーパー「イトーヨーカドー」では、AIを使った商品発注システムを全国132店舗に導入しました。このシステムにより天候や曜日など様々な条件を考慮して、来客数や販売数をAIが予測し、食品を中心とした約8,000品目の最適な販売予測数を発注者に提案します。

これにより在庫が多すぎたり、少なすぎるという事態を回避しやすくなるため、過剰在庫によるフードロスの削減にも繋がります。

課題5:顧客満足度の向上

顧客満足度を向上させるためには「課題を明確にする」ことが必要だと言われています。

DX化する前のスーパーでは感覚的にこの時期にはこの商品が売れるだったり、この年代のお客様はこんな商品を求めているという予測を立てていたと思います。

しかし、AI技術を使うことで、今までは感覚で判断していたことを全てデータに基づいて判断できるようになります。それぞれの店舗の客層に合わせた仕入れと陳列をすることで、売上と顧客満足度の向上に繋がります。

スーパーマーケットのDXを推進するツール「3選」

2020年の新型コロナウイルスの感染拡大の影響で消費者の行動様式が大きく変わったため、個人の消費者と密接に関わるスーパーでも様々な変革が実施されています。

そこで、こちらの項目ではスーパーのDX化を推進するデジタルツールを3種類ご紹介します。

種類1:セルフレジ

新型コロナウイルスの影響を受けて、非接触で精算ができる「セルフレジ」が急激に普及しました。セルフレジには、スキャンから全てをお客様が行うタイプと、スキャンのみ店員が担当するタイプに分かれます。

レジにかかる人員を削減できれば、スタッフの労働環境を改善できたり、顧客対応を充実させることができます。

種類2:デジタルサイネージ

店舗のDX化として、紙のポスターやチラシを貼って告知をしていたのを、デジタルサイネージという「電子的な看板」に置き換えることで、動画での商品説明ができたり、ポスターを張り替える手間を削減できます。

ポスターを貼っているだけではお客様の目を引くことは困難ですが、音声と動画を流せるデジタルサイネージであれば、格段に注目度は高まります。

お客様が広告を見る頻度が増えれば、売り上げの向上にも繋がりますので、スーパーのDX化の良い事例と言えるでしょう。

>> デジタルサイネージついて詳しくみる

種類3:デジタル値札(電子値札、電子棚札、電子タグ)

多くの小売業の店舗では季節や時間帯、曜日によって同じ商品でも値段を変えています。

スーパーでは夕方になるとお惣菜やお弁当の値引きをしますし、アパレルショップでも週末にタイムセールを行うこともあるでしょう。

さらに、大手家電量販店では1日に3回も値段を変えることもあると言われています。

時間帯や曜日によって値段を変えることで、購買率を高めるというマーケティング手法が取り入れられています。

しかし、1日に3回も値札を手動で変えていては、手間がかかってしまいます。

そこで、インターネットに接続できる「デジタル値札」を導入することで、本部のパソコンから店舗の全ての値札を変更することができます。

特にリアル店舗とECサイトの値段をリアルタイムで統一したいという店舗のDX化を推進するツールとして注目されています。

>> 電子棚札(ESL)ついて詳しくみる

店舗DXに最適な電子棚札(ESL)を詳しく解説!

店舗のDX推進の事例で挙げた「セルフレジ」と「デジタルサイネージ」は目にしたことがある方が多いと思いますが、「電子棚札(ESL)」をご存知でしょうか?

スーパーやアパレルショップではまだ導入が進んでいませんが、実は大手家電量販店では急速に導入が進んでおり、全国の数百店舗に導入した企業もあります。

ここではDXツールの中でも、今後導入が増えると言われている「電子棚札(ESL)」について詳しく解説します。

電子棚札(ESL)とは?デジタル値札、電子値札、電子タグどれが正しい?

電子棚札とは、従来の紙の値札に代わるインターネットに接続した「デジタルな値札」で、パソコン操作で一斉に全ての表示を変更することができます。

このインターネットに接続したデジタルな値札の正式名称は「電子棚札」または「ESL(Electronic Shelf Label)」ですが、一般的には、「デジタル値札」「電子棚札」「電子値札」「電子タグ」など様々なワードで呼ばれることも多々あります。

電子棚札(ESL)の仕組み

電子棚札(ESL)の仕組みは、ネットワークを通じて、基幹システムや価格マスター、POSシステムと連動させます。例えば、全商品の価格を管理している基幹システムの価格を変更することで、Wi-FiやBluetoothを通じて陳列棚に設置されている電子棚札(ESL)の価格も変更されるという仕組みです。

電子棚札(ESL)に使われている素材は「電子ペーパー」という紙のように薄い表示装置で、消費電力が少ないのが特徴です。ボタン電池で稼働しており、1日に2〜3回程度の価格変更をする使い方でも耐用年数は5年以上もあります。

電子棚札(ESL)を始めたいなら「GRトレード」

電子棚札(ESL)を導入してみたいけど、最初から全商品分を一気には仕入れられないという方も多いのではないでしょうか?

某大手家電量販店の全国数百店舗に電子棚札(ESL)を導入した実績のある「GRトレード」では、まずは小ロットで気軽に試せるレンタルサービスを開始しました。

しかも、業界最安値で最新の電子棚札(ESL)をお試しいただけます。

大手チェーン店から個人経営の小売店まで様々な導入実績がありますので、まずはお気軽にご相談ください。

>> 【無料相談】電子棚札(ESL)についてのお問い合わせはこちら

※レンタルプラン在庫には限りがございますので、無くなり次第終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

電子棚札(ESL)で店舗DXを推進しましょう!

どの業界でもDX推進が求められるようになり、自分の店舗ではどのような取り組みをすべきかわからないと悩んでいた方も多いと思いますが、今回ご紹介した「電子棚札(ESL)」を導入すれば、店舗DXの第一歩を踏み出せることでしょう。

電子棚札(ESL)は単にデジタル化するだけでなく、明らかな業務効率化を実感できると思いますので、まずは小ロットからお気軽にお試しください。

>> 【無料相談】電子棚札(ESL)についてのお問い合わせはこちら

電子棚札レンタルプランのご案内