こんな店舗は導入すべき!電子棚札(ESL)が解決する「小売業の課題」とは?

電子棚札(ESL)を導入すると店舗業務が効率化します!

店舗経営において「業務効率化」は取り組み続けなければならない必須課題です。今の業務を効率化することで、コスト削減や利益向上、さらには、手間を省いて、働き方の改善にも繋がります。

店舗の業務の中で手間がかかっている業務に、「値札の張り替え作業」があります。一つ一つ手作業で張り替えると時間がかかってしまうので、この作業を効率化するツールとして「電子棚札(ESL)」が注目されています。

そこで今回は、「電子棚札(ESL)を導入することで解決できる小売業の課題」について解説します。今後、電子棚札(ESL)を導入したい、店舗業務を効率化したいと考えている店舗担当者の方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

小売業の店舗が抱える課題とは?その筆頭は「人手不足」

食品スーパーやアパレル、家電量販店を問わず多くの小売業の店舗は様々な課題を抱えています。昨今の働き方改革やDX化の流れを受けて、今までは顕在化していなかった課題も問題視されるようになりました。

小売店の1番の課題は「人手不足」です。特にスーパーのように部門が多い店舗においては、専門知識が求められる部門もあり、店舗間での人員の流動性が低いこともあります。

慢性的な人手不足に悩んでいる小売業における店舗業務の中でも「値札の張り替え作業」は人手と時間がかかってしまう業務として改善が求められています。

多くの小売業の店舗では、時間帯や曜日によって商品の値段を変えています。スーパーであれば夕方になるとタイムセールをするでしょうし、オンライン販売を行っている店舗ではリアル店舗とオンライン店舗の値段を合わせたいというニーズも高まっています。

その値札の変更をパソコン操作で一斉に行えるのは、大幅な手間の削減を実現できるため、現場で働く従業員にとってはとても助かることでしょう。

そこで、今後多くの小売業では「電子棚札(ESL)」の導入が進むと予測されているため、次の項目では、電子棚札(ESL)についてより詳しく解説します。

店舗業務を効率化するには「電子棚札(ESL)」がおすすめ

多くの小売店で業務効率化やDXを推進するツールとして「セルフレジ」や「デジタルサイネージ」の導入が進んでいますが、その次に導入が増えると予測されているのが「電子棚札(ESL)」です。

小売店の中でも大手家電量販店では、全国の数百店舗に「電子棚札(ESL)」を導入している企業も数社あり、その勢いは年々増しています。

特に現場で働く従業員の手間を減らして、働く環境をより良く整備したいと考えている企業に「電子棚札(ESL)」は選ばれています。

電子棚札(ESL、電子値札、電子タグ、デジタル値札)とは?

電子棚札(ESL)は「デジタル式の値札」です。紙の値札に変わるツールとして使われている「インターネットに接続できる小さな表示装置」です。

このデジタル式の値札の正式名称は「電子棚札」または「ESL(Electronic Shelf Label)」ですが、一般的には「デジタル値札」「電子棚札」「電子値札」「電子タグ」など様々な呼ばれ方をされています。

電子棚札の特徴

電子棚札(ESL)の最大の特徴は、売り場に設置した全ての電子棚札(ESL)の値段をパソコン操作で一斉に変えられることです。

その仕組みをわかりやすく解説すると、パソコン上で価格マスターや基幹システム、POSシステムと連動させることで、陳列棚に設置した全ての電子棚札(ESL)の値札を一斉に変更することができます。例えば、パソコンである商品の価格マスターの値段を変更したら、Wi-FiやBluetoothを通じて売り場の電子棚札(ESL)に表示されている値段も連動して変更できるということです。

また、電子棚札(ESL)で使われている素材は「電子ペーパー」と呼ばれる紙のように薄い表示装置でできており、ボタン電池稼働で消費電力も少なく、1日に2〜3回程度の価格変更をする使い方でも耐用年数は5年以上もあります。

電子棚札の効果

電子棚札(ESL)を導入して得られる効果としては、値札を張り替える作業を自動化し、手間を削減できることです。

大手家電量販店では1日に2〜3回値段を変えることもあり、一般の小売店でも時間帯や曜日によって値段を変えることで売上向上に繋げられると言われています。

今までは紙で印刷した値札をハサミで切って、従業員が全て手作業で値札を変えていました。手作業で処理するため、値札の貼り間違えや変え忘れなどのヒューマンエラーが発生する可能性があります。

そこでインターネットに接続した電子的な値札である「電子棚札(ESL)」を導入することで、値札の張り替え作業や値段の管理をDX化することができます。

電子棚札(ESL)を導入すべき店舗の特徴

ここからは電子棚札(ESL)を導入することで、その効果が大きく出やすい店舗の特徴をご紹介します。どのツールも導入する店舗との相性があるので、この点については導入前に慎重に見極めましょう。

電子棚札(ESL)について専門家に相談したいという方は以下よりお問い合わせください。

>> 【無料相談】電子棚札(ESL)についてのお問い合わせはこちら

特徴1:日々変更する商品数が多い店舗

電子棚札(ESL)は値札を張り替える手間を削減できるツールなので、日々値札を変える商品数が多い店舗では、そのメリットが大きく出ます。

スーパーで言うと、缶詰やペットボトル飲料などの値段が大きく変わらない商品が売れ筋商品の店舗は、電子棚札(ESL)に変えても値段を変更する頻度が少ないので、業務効率化の効果が出にくいかもしれません。

一方で、毎日値段が変わる野菜や肉、魚などの生鮮食品や1日の中で何度も値段が変わるお惣菜やお弁当が売れ筋商品の店舗は、値段変更する頻度が多いので、電子棚札(ESL)のメリットが大きくなります。

特徴2:日配品やお惣菜の値引きを自動化してフードロス削減したい店舗

毎日店舗に配達される牛乳や乳製品、パンなどの日配品や店舗で作られるお惣菜は、賞味期限が短いため、売れ残ると「フードロス」になることが多々あります。

しかし、廃棄ロスが増えると、売り上げが減る上に廃棄コストが発生するので、店舗としてはできる限り減らしたいと考えていることでしょう。

また近年はSDGsに取り組む店舗も増えており、地球環境の負荷軽減という観点からもフードロスの削減に取り組んでいる店舗が増えていると思います。

このような店舗では、電子棚札(ESL)に変えることで、その日のお客様の来店数や販売数から分析して、随時値段を変えることで売れ残りを減らすことに繋がります。

特徴3:多店舗展開をしている企業

多店舗展開している企業は、本部で値段を決めて、全店舗の値段を統一していることが多くあります。競合他社の値段を見て、柔軟に自社の値段を変えることも多いです。

今までは本部からファックスやメールで新しい値札が送られてきて、各店舗でハサミで切って、値札を変えていました。

この作業を電子棚札(ESL)に変えることで、本部からパソコン操作で、展開している全店舗の値札を一斉に変えることができます。

全店舗の値段を漏れなく価格を統一でき、本部の適切なタイミングで瞬時に変更できる電子棚札(ESL)は、多店舗展開している企業には特に効率化の効果が出やすいのです。

特徴4:ECサイトとリアル店舗の値段を統一したい店舗

コロナ禍での生活様式の変化に伴い、オンライン販売を開始した店舗も多くあると思います。ECサイトとリアル店舗の値段が違っているとお客様が不満に感じることがあるため、多くのケースではECサイトとリアル店舗の値段を統一しています。

ECサイトの値段はパソコン操作で変更しますが、リアル店舗の値段を紙の値札で変更していては、タイムラグが発生したり、張り替え忘れや間違いが起きるリスクがあります。

そこで、電子棚札(ESL)に変えることで、本部のタイミングでECサイトとリアル店舗の値段を一斉に変更することができます。

特徴5:靴の販売店舗

最後にご紹介するのは、靴を販売している店舗の事例です。

靴を販売している店舗の中でも特に百貨店では、在庫を店舗に山積みすることはないので、お客様から指定されたサイズを探す時には、在庫を置いているバックヤードに都度探しに行かなければなりません。

その間はお客様にお待ちいただく必要があるため、もし在庫がなかった場合にご迷惑をおかけすることになります。

そこで、売り場に電子棚札(ESL)を設置することで、値段だけでなく、バックヤードに置いている在庫の残数も記載することができます。すると、お客様から在庫を尋ねられた際に、すぐに回答できるので、顧客満足度の向上に繋がります。

特に多種多様な靴を在庫している店舗は、電子棚札(ESL)を導入するメリットは大きいでしょう。

電子棚札(ESL)を導入して店舗の効率化を図りましょう!

電子棚札(ESL)を導入して効率化できた時間で、人にしかできない接客や企画の業務に注力できるようになります。電子棚札(ESL)で業務を効率化することで、人件費や資源のコスト削減を達成できるだけでなく、売り上げや顧客満足度の向上に繋がります。

日本全国の数百店舗に電子棚札(ESL)を納品した実績のある「GRトレード」では、まずは気軽に試しやすい小ロットでのレンタルプランもご準備しています。

店舗運営をしているけどDX化や業務効率化を推進したいという担当者の方は、ぜひ電子棚札(ESL)の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

>> 【無料相談】電子棚札(ESL)についてのお問い合わせはこちら

電子棚札レンタルプランのご案内

※レンタルプラン在庫には限りがございますので、無くなり次第終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。